床さんの記事が助産雑誌に載りました!

京都の小児科医くわはら子どもクリニックの桑原先生が、開業助産師に取材をされるという企画にお声をかけていただきました。

とても柔らかく、熱い想いをお持ちの素晴らしい先生でした。

大変貴重な機会をいただけて感謝しております!


この助産雑誌は、店頭では販売されていないので、一般の方にはご覧いただけないかもしれません

どこかで見かけた方は是非一読頂けると嬉しいです







昨日の助産院ごはんです。

・新生姜ご飯
  油揚げ、にんじん。
  薄口しょうゆと。

・キャベツとねぎのお汁

・大豆とまつものごま梅あえ

・高野豆腐の五目あんかけ

・蒸し野菜の塩麹あえ

・りんご、キウイ

22品目ごはんです。


昨日アップし忘れました〜
色鮮やか!
目からも食事が楽しめました!



今日の助産院ごはんです。

・胡桃レーズンのご飯

・根菜粕汁

・きゅうりとかぶの塩麹あえ

・高野豆腐のロールキャベツ

・柿とにんじんの白あえ

・紅玉コンポート葛あん

定番が並びました。
大豆製品で鉄とカルシウムが一緒にとれます。
20品目の食材です。

身体の温まるご飯です


矢島助産院の助産師Jが、今夏に出産しました!今回は本人が書いてます。

私、元気にしています!
いままで関わらせていただいた方を何人も思い出しました。分娩台帳の名前をみて、お産の感想ノートも読みかえして、度々勇気をもらいました。
あの人にもこの人にも私が子どもを授かったことを伝えたい!!ってすごく思いました。
私を知るいろんな方に伝わったら嬉しいです。

「どうだった?」っていろんな方が聞きたいと思います笑。これから時々、実際の体験談として載せさせていただきたいと思います。聞きたいことがあったらコメントください笑。

まさにコロナ禍での妊娠、出産、育児。世の中のお母さん方と同じように心配や不安を持ちながら、いろんな経験をさせてもらってます。いろんな意味で満喫してます。想像以上に慣れないことがあり、戸惑うこともたくさん。
世の中の方々は本当によくやっている!と改めて尊敬。辛い気持ちも今まで以上に共感できます。

間違いなく言えるのは、いま赤ちゃんを抱ける事は本当にありがたいこと。
自分の身体にも感謝、心配してくれ、助けてくれる家族、同僚、周りの方々にも感謝、全身で感情を表現している赤ちゃんにも感謝。

助産院の仕事は少しの間お休みしてますが、世の中の様子を見ながら、助産院や広場など、いろんなところに顔を出していこうと思ってます。SNSにもお邪魔します。
会ったときは是非お声がけください!先輩ママたちから、これからたくさんのことを学ばせていただきたいと思います。



11月1日(日)10:00〜12:00
オンラインシンポジウム
「いま!お産から子育てサポート」

参加無料


お申し込みは10/26まてに、右記メールアドレスまでお申し込みをお願いします。
1お名前
2お住まい(市町村まで)
3所属(学生)

お申し込みいただいたメールアドレスにZOOMのURL,パスワードをお送りいたします。


MAIL:info@osan-support-japan.net