矢島助産院、本日大賑わいでした。


パパランチを取材来て下さった、渡邊大地さん。

パパランチ担当は、湯浅ときひろさん。

床さんとのいいショット!




医学書院の連載企画で、病院や助産院や市区町村でやってる両親学級を今後取材していくそうです。
矢島助産院は、その第一弾。


後期学習会からパパランチまで、長ーくいて下さり、取材してくださいました。

今から記事が楽しみです。


パパランチは、今年で10年以上続けてきて、パパ達の妊娠・出産・子育てへの変化も着実に出てきてるのではないかと感じています。

子どもを産んで育てていくというのは、女性だけでなく、男性も絶対必要!
男たちにも和気あいあいと語り合ってほしい、関係性を作り上げたいという床さんの願いから、パパランチは始まっています。




現場取材後のミィーティング。

パパランチを6年以上担当してくれる湯浅さんのお話も、とても深く、子どもを育てることは人間を育て、深めることを実感して見てました。


湯浅さんとの出会いは20歳と、わたしが25歳の時。あれから、15年。白髪の話なんてして、みんな歳を取りましたが、床さんからは、みんな純粋で熱くって…これからも頑張ろうね!と。



赤ちゃんがやってくる!本頂きました。
渡邊大地さんの講演も企画してみたいと思った本日でした。。。


いい出会いとなりました。
ありがとうございます。
コメント
コメントする