Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今日は取材!渡邊大地さん!
0
    矢島助産院、本日大賑わいでした。


    パパランチを取材来て下さった、渡邊大地さん。

    パパランチ担当は、湯浅ときひろさん。

    床さんとのいいショット!




    医学書院の連載企画で、病院や助産院や市区町村でやってる両親学級を今後取材していくそうです。
    矢島助産院は、その第一弾。


    後期学習会からパパランチまで、長ーくいて下さり、取材してくださいました。

    今から記事が楽しみです。


    パパランチは、今年で10年以上続けてきて、パパ達の妊娠・出産・子育てへの変化も着実に出てきてるのではないかと感じています。

    子どもを産んで育てていくというのは、女性だけでなく、男性も絶対必要!
    男たちにも和気あいあいと語り合ってほしい、関係性を作り上げたいという床さんの願いから、パパランチは始まっています。




    現場取材後のミィーティング。

    パパランチを6年以上担当してくれる湯浅さんのお話も、とても深く、子どもを育てることは人間を育て、深めることを実感して見てました。


    湯浅さんとの出会いは20歳と、わたしが25歳の時。あれから、15年。白髪の話なんてして、みんな歳を取りましたが、床さんからは、みんな純粋で熱くって…これからも頑張ろうね!と。



    赤ちゃんがやってくる!本頂きました。
    渡邊大地さんの講演も企画してみたいと思った本日でした。。。


    いい出会いとなりました。
    ありがとうございます。
    posted by: 矢島スタッフ〜 | ブログブログ | 16:03 | comments(0) | - |
    歯並びをつくるもの
    0
      本日は、歯並びをつくるもの@産後クラス


      30人を超える予約でしたが、当日キャンセルもあり、26人のご参加でした。助産院も落ち着いていたので、床さんも参加しました!





      母乳を飲むことは歯並びにいい影響があることや
      様々な生活習慣が歯並びに与える影響があること、

      小さい子どもたちを抱えるママたちには、今後の育児のためには、
      とても役立つ話になったようです。

      今回の講座で、まとまった歯科的な話を聞ける機会が少ないこと

      歯並びについて悩む親は多く、関心が高いこと

      子どもの歯並びにとって、どのくらいの時期にどういう動きをしたらいいのかが明確な指針がなく、歯科医師によって違く迷うことなど


      子どもを取り巻く歯科医療界の不可視さを再度感じる機会ともなりました

      本当に不思議なんですがね。



      子どもの歯科医療分野、ニーズありありですね!
      参加者の満足度や関心の高さに、開催前から驚きと感動があるほどでした。



      講師の美文先生、誠にありがとうございます。
      小さいお子さんを育てる目線で優しく語りかけて下さったことで、参加者の皆さんは、すんなり疑問を口にできたこと、和気あいあいと、とても矢島イズムな会にできたのではないかと思います。



      私たちは、女性を否定しない(すべてを受け入れる)、共に歩む(1人にしない)、 触れる(心も身体も)を、出会いから大切にしており、今日の会もそんな優しさやホスピタリティを感じた会でした。




      狭い場所に子どもたちと一緒で大変な思いをしたことと思いますが、
      それでも各々楽しみ、学び、吸収していくパワーに溢れていたなぁと思います。
      皆さんのご協力あってのこと。
      本当に本当にありがとうございました。



      矢島助産院には、いいパワーがあるなぁとスタッフながらに感じ、感謝に絶えない本日でございました。




      次回の産後クラスは、『アンガーマネージメント』を予定してます。9/12火曜10:00〜12:00の予定です。

      ついつい、夫や子どもに対しイライラしたり、イライラする自分が嫌になったり……産後にはとってもよくあることですよね。



      私も毎日イライラ死にしそうです……笑い事じゃなく。



      産後のママたちと話すと、ほとんど毎日のように何かにつけイライラ

      しちゃうのが、現実!
      そんな生活を望んでいたわけではないのに〜っ!!!
      じゃどうしてなんだろうねっ…………


      そんなママたちに、受けて頂きたい!



      女の幸せは、世界の幸せさっ!笑

      そう思う、清水であります。

      詳細はまたブログ、フェイスブックで立ち上げますので、ぜひご参加下さいね!
      よろしくお願い申し上げます。
      posted by: 矢島スタッフ〜 | ブログブログ | 20:25 | comments(0) | - |
      2017年 納涼会のご案内!
      0
        海の日といえば、矢島助産院の納涼会

        今年もやります!納涼会!


        矢島床子さんを囲んで、ビールやジュースで楽しみませんか?

        当日はビールやジュース、焼きたてのジンギスカンや冷たい野菜が並びますっ。

        日時:
        7月17日(月・祝)12時から15時半
        場所:ウィメンズサロン
        参加費:大人1500円、小学生まで無料
        お願い:
        1.一品お待ちください。購入、手作りなんでもOK!皆んなでシェアします。
        2.当日は混雑が予想されます。天気が良ければよいほど、熱中症に注意!
        涼しい格好や着替えがあるとよいですっ。


        お申込先:矢島助産院042-322-5531
        平日の13時から17時までにお電話ください

        2016年の納涼会の様子


        お申込みお待ちしていますっ。
        posted by: 矢島スタッフ〜 | - | 21:36 | comments(0) | - |
        青空の下の退院
        0

          最初に外の世界に出た瞬間って、赤ちゃんにとってはどんな感じなんでしょうね。

          矢島助産院ではご退院のとき、出来る限りスタッフみんなで外まで出てお見送りするようにしています。

          改めて家族としての最初の一歩
          「お幸せにね」
          「おめでとうございます」
          「不安になったらいつでも電話してきてね」
          いろんな言葉で出発を祝います

          この赤ちゃんの纏っている布はパパの手作り。
          生まれたばかりのときも、ママ、助産師の手から、愛のこもった布を抱えているパパの手にお渡ししました
          とっても幸せな光景が思い出されます。
          これからもっと素敵な御家族になるんでしょうね。
          おめでとうございます!
          posted by: 矢島スタッフ〜 | - | 10:33 | comments(0) | - |
          おとうさんになった日
          0
            おとうさんがおとうさんになった日、という絵本。



            今日はおとうさんの日

            少し前、『母になる』というドラマの中で、「母になるってどうゆうことでしょう」という問いがありました。

            それ自体は複雑な背景のあるドラマではあったので同じようには考えられませんが、『父になる』ってどこから意識できるのでしょう?

            妊娠した最初のドキドキ
            体内に新しい命が宿り変化していく身体
            自分の子宮から我が子が産まれる感覚
            おっぱいを吸う愛しさ

            これらは大抵女性が感じられること。

            そう思うと、父になっていく男性って、変化していく女性のそばで過ごし、いろんなことを感じなくちゃいけない、しかも期待はされる大変な役割のように感じます。

            おとうさんとしての役割はたくさん。 仕事はして欲しいし、子どもとも遊んで欲しい、出来たら家事もして欲しい。

            何より元気でいて欲しい!

            日本中のお父さんいつもありがとう!
            お母さんが元気でいられるためにはお父さんの力も必要です。

            お父さんになった日のことをぜひ思い出してみてくださいね。
            posted by: 矢島スタッフ〜 | - | 20:08 | comments(0) | - |