矢島さんが東京都功労者として表彰されました!
たくさんの部門の中から、福祉、医療、衛生部門です。

10/1 東京都功労者表彰式に出席!


地域活動や消防部門などがあり、総勢284名、26団体が授賞されました。
同時に名誉都民顕彰式も行われ、女優の八千草薫さんも同じ空間で授賞をうけました!

以前、読売新聞の医療功労賞をいただいたことがあります。今回は東京都からの表彰。

開業し、もうすぐ28年。
地域で活動を続け、助産一筋に走ってきました。何より女性を守ること、性を守ることを言い続けている矢島さん。
『いいお産』というのは一言で表現できませんが、分娩様式や医療行為の有無ではなく、母にとって満足のいくお産になるのが大切なのではないでしょうか。

矢島助産院が掲げるFeeling birth。
矢島で大切にしているお産の三つのこと
・ひとりにしない
・からだのどこかにふれている
・否定しない

これによってお産が原風景となり、育児での自信に少しでもなってくれたらと思います。
そして、母になった女性を守り続けたい。
これからもぶれることなく訴え続けると思います。

そして、この賞はいままでの皆さんの支えがあったからこそ。矢島さんと一緒に活動をしてくださっている方、助産院やサロンに足を運んでくれた方、知ってくれた方、気になっていた方。このブログを見てくれている方は、誰一人として関係のない方はいません。
ありがとうございます!!

少し歳を重ね、体力精神力ともにちょっと弱気になるときもありますが、助産についての熱さを持ち続けていくと思います。
ぜひこれからも見守ってください。よろしくお願いしますっ。

こちら、都庁の展望台でウキウキの矢島さん♪
豪雨、地震、噴火、と落ち着かない日々ですね。被害にあわれたすべての方にお見舞い申し上げます。


さて、助産院では様々なクラスのパワーアップをはかっております!
火曜日のマタニティクラスも新しく生まれ変わりました♪
ホームページやテキストの変更が追い付いていないのでお問い合わせ頂いた方にご迷惑をおかけしております。

変更点は、
・妊娠○ヶ月の括りははずし、テーマごとに濃縮したこと

・産後の親子のクラスも始めたこと

・栄養士さんとコラボしたお食事のクラスを始めたこと

です。

★妊婦さん対象のクラス

■第1火曜日
「妊娠中の体づくり・心づくりについて」
1・3・5・7・9・11月

「妊娠中のおっぱいケアについて」
2・4・6・8・10・12月

■第2火曜日
「育児準備・産後の生活について(妊婦さん対象)」
2・3・5・6・8・9・11・12月

■第3火曜日お食事のクラス
「貧血・冷え予防のお食事について」
1・4・7・10月

「むくみと体重に関するお食事について」
3・6・9・12月


★産後の親子対象のクラス

■第2火曜日
「産後の生活のイロイロ」
1・4・7・10月

■第3火曜日
「産後の食事・離乳食について」
2・5・8・11月

お食事のクラスは調理見学・試食付きです(院内の方1000円、院外の方1500円)。
毎回簡単でおいしくて助産師も楽しみにしているクラスです。
今週は切り干し大根の可能性を知り、目からウロコでした!


※開催は、祝日によりずれる時がありますので、詳しい日時・費用に関してはお問い合わせください。
矢島助産院でお産予定でない方もご利用頂けます。

皆様のご予約お待ちしておりますね♪
先日の土曜は、矢島さんが開業当初より実習の受け入れをずっとしてきた母子保健研修所センター助産師学校の同窓会での記念講演の演者として、ご招待頂きました。

矢島さんの講演のテーマは、『受け継いで行きたい助産の技』

母のような助産師であれ。
女性が自分を思いっきり、表現できるようなお産の現場を作って欲しい。
女性の性を大切にした助産をきてほしい。
会陰切開はして当たり前の時代になったが、会陰切開しなくても産まれるのが当たり前。
助産師である人生を悔いなく生きてほしい。

矢島さんの熱い言葉で語られました。
記念写真。



また、今回新しかったなぁと感じたことは、助産師はやはり性の伝道師であるんだなぁと感じたこと。
矢島さんは、70を迎えましたが、なお性にこだわり、考え続けています。それがすごい!

女性の性の解放など、ジェンダーやリプロダクティグヘルスライツなどいろんなことが叫ばれてきましたが、
女性の生涯にわたる性についての認識はまだまだ低いのではないかと思うのです。
とかく、女性は歳を重ねると性については、億劫になったり、遠ざけたりしがちです。

助産師って、お産やおっぱいケアなど、とてもセクシャリティに近い。
だからこそ、助産師である私たちの認識をます変化させなくては!と、矢島さんの講演を聞いていて、思いました。

いつまでも性にこだわって、そして、女性であることを大切にする矢島さん。
やはり見習わねば!

昼休みに、熟年夫婦の性講座やろう!!とか盛り上がる助産師たちです笑
ノウハウは、全くないので、勉強しなきゃ!
本日は、きくちさかえさん、宮崎雅子さん、江連さんの3人展のトークショーに、矢島さんはじめスタッフ数人でお邪魔しております!ナウ。

矢島さんが、スペシャルゲストでした!

さすが、矢島さん爆発的なパワーで会場を盛り上げました!笑いました〜


全体を通して、写真やお産を通して、いろんな方々が関わってきて、そして今まで時を刻んできたんだなぁと、じんわりとした深さを味わっています。

一時代を作ってこられた方々。
河合蘭さん、斎藤真紀子さんなどなど。

助産師の方も多数。中根さん、土屋さんなど……

著名な方たち、たくさんいらっしゃっていました。


会場をうずくめる、素敵に歳を重ねた女性たちのゆったりとした時間、温かな空気。

いろんな意見や言葉を聞いて、次世代を優しく見守ってくれているような思いを感じました。そんな雰囲気の温かなトークショーでしたよー!!



助産師の存在、まだまだ社会的認知が自分たちが思うより、低い!
先輩方に力をもらって、これからの助産のこと、お産のこと、子育てのこと、女性のこと、生きること、前向きに発信れしていかなければ!!



にしても、女性たちに愛される助産師の仕事、大切にしなきゃなぁー!
助産師愛を感じる会場です。


写真家さんからみたお産や助産師、私たちには不思議でした。

本日の矢島スタッフ活動ブログでした。
ありがとうございました。
題名にしました、「ソーシャルアントレプレナーシップ」という言葉、皆様はご存知でしょうか??

本日は、私たちのおやびんこと、Hさんによる経営学を踏まえた私たちの今後、いかに考えるべきかについて、多くの示唆を得る講演がありました。(非公開、スタッフのみ)



私は、多くのことを考えました。ありがとう、おやびん。時差はありますが、学びになりました。

いろんな学説や研究があります。全ては今後に生かすため!
今後にどう生かすは各々の情熱や考え方、状況にも異なるでしょう………

次は、いざ、行動!


少子化だって、助産院分娩だって、事実数自体は減っている。
でも、価値はある!これは、言い切れると思うのです。

その価値は、もしかしたら一定じゃなかったり、時代や経済的にも影響されて、ぐらんぐらんと、揺らぎます。

変わらないもの、「女性が産むこと」
どうありたいか、助産師が産婦人科の未来をどう描くか……
少しは、影響あると思うのです。

女性の皆さん、助産師の皆さん、望む未来のお産や子育ては??

もっと語り、そして発信していく必要性を感じた今日でした。